メニュー

かんぴょう・椎茸、その他農産乾物の卸問屋 マルモ

しいたけ

中国椎茸の産地
中国椎茸の産地
中国産しいたけの生産基地は、
都会からずっと離れた内陸の山間部(主に河南省、浙江省、福建省)に設けられています。

しいたけ栽培の流れ

菌床づくりの原料
菌床づくりの原料
菌床の原料である、おがくず、米ぬか、麩(ふすま)、トウモロコシの実の粉などを水を加えて混ぜ、ビニール袋に詰めます。
5月~8月 出来上がった菌床
5月~8月 出来上がった菌床
袋に詰められた菌床
多い時は5万袋も作る時があります。
殺菌作業殺菌作業
殺菌作業
菌床を無菌状態にするために、殺菌します。下から蒸気を送って4日間蒸して、高温蒸気殺菌します。(無菌にしないと、椎茸の菌を植えても雑菌に負けて菌が死んでしまう為)
植菌作業
植菌作業
殺菌の終わった菌床に椎茸の菌を植え付けます。
緑色のボックス内で植菌します。
6月~11月 植菌が終わるとハウスの棚に
6月~11月 植菌が終わるとハウスの棚に
植菌が終わったものは、ハウス内の棚に並べ伏せ込みを行ない菌を繁殖させます。
白くなっている所が、植菌して菌が繁殖している所です。時間と共に真っ白になります。
  • 白くなっている所が、植菌して菌が繁殖している所です。
    時間と共に真っ白になります。
収穫
収穫
棚に並べて、定期的に散水しハウス内は温度と湿度の管理を行ないます。
収穫は11月から3月末にかけて行なわれ、基地内のスタッフたちが、一個一個手で丁寧に摘んでいきます。収穫期は約4ヶ月間、毎日収穫します。

産地での足切り作業

収穫後の生の段階で足を切り落とします。
乾燥後では足が固くなり切断しにくいために生の状態で行なっております。 ※弊社仕様では、足の長さを5mm以下に切るように指定しています。

乾燥工程

椎茸の足を切り1~2時間天日で干して、乾燥機で35℃~70℃、10~15時間熱風乾燥させます。

乾燥に使用されるエビラ
  • 乾燥に使用されるエビラ
並べて天日で軽く水分を飛ばします
  • 並べて天日で軽く水分を飛ばします
収穫したての椎茸
  • 収穫したての椎茸
天日干し後の椎茸
  • 天日干し後の椎茸
しいたけ用の乾燥機
  • しいたけ用の乾燥機
燃料は練炭など
  • 燃料は練炭など
干し上がった椎茸
  • 干し上がった椎茸
乾燥後の比較
  • 乾燥後の比較
産地での一次選別・異物除去 産地での一次選別・異物除去 産地での一次選別・異物除去

産地での一次選別・異物除去

産地ではビニールや異物が付着している椎茸をできるだけ除去しております。
こうして選別した物を椎茸選別工場(福建省)へ移動します。

選別工場での選別・異物除去 選別工場での選別・異物除去

選別工場での選別・異物除去

産地で一次選別した原料を福建省の選別工場へ輸送し、輸出前に異物除去や金属探知等の最終選別を行ないます。

Copyright(c)(株)篠原商店,All rights reserved.

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る